2018/01/27

Arnold McCuller / A Part Of Me That's You (1984)



ルーサー・ヴァンドロスやデヴィッド・ラズリーとともにジェイムス・テイラーのバックボーカルを務めていたセッションシンガーのソロアルバム。
この人の名前、AOR系のアルバムではいたるところにクレジットが発見できます。

このソロアルバムではデヴィッド・ベノワが作曲したり、アーノルド本人とともにプロデューサーに名を連ねており、彼が若干フュージョン方面に舵取りをしているおかげか、黒人シンガーにしてはメロウで聴きやすいAORサウンドになってます。

冒頭「Freeway To Monterey」やB2「You Never Love Me The Same Way Twice」がオススメです。



CDは今や入手困難ですね・・・