2018/01/07

Patti Austin ‎/ Gettin' Away With Murder (1985)



CTIからクインシーのQwest Recordsへ渡り作品を発表してきたパティ・オースティンの8枚目(オリジナルアルバムだと6枚目かな)。

シーケンスと人力が入り混じった硬質な1985年サウンド、最近特に好きです。

ランディ・グッドラム作「If I Believed」
スティーヴ・ポーカロ/トム・キーン/ポール・ゴードン作「Anything Can Happen Here」
あたりがツボです。




それにしても邦題『恋人たちのモーメント』って、どうなのよ。
まだクリスタルな魔法から醒めていないようですね(笑)